2008年6月20日金曜日

ロックスターの問題作、BULLY日本語版公式サイトがオープン

ベセスダソフトワークスが7月24日に発売を予定している「BULLY」の公式サイトがオープンした。

BULLYは、「Grand Theft Auto」シリーズを送り出したロックスター社による学校を舞台とした作品である。
そのゲーム性は同社のGTAと酷似したものとなっている。

本作は主に「1人の学生となり1年間の自由な学園生活を送る」という内容だが、GTAの様にギャングによる銃乱射などの直接的な暴力表現は少ないものの、過激な喧嘩や授業妨害を含む校内暴力などの暴力表現が多数含まれており、「非現実的なGTAより遙かに問題がある」として世界的に問題となった作品である。同作は、北米を含む各国において発売差し止め裁判などが多数繰り広げられた。

このため、数々のロックスター作品の日本語ローカライズを行っているカプコンからは自主規制によるものか、同作に関する一切の発表もなく、発売が見送られていた。が、2年の時を経て遂にベセスダソフトワークス社の強行により、オリジナルとなるPS2版のローカライズに加え、最新技術によるリメイク作となるXBOX360版も引っ提げての日本上陸となる。

http://www.rockstargames-bully.jp/

YouTubeが勝手に選ぶ関連動画

 

Gamer Book