2008年7月31日木曜日

TSUTAYAがUSENと連携し音楽配信に参入、XBOX360からの利用も可能

30日、ツタヤとUSENは提携し、本日31日より音楽配信サービス「TSUTAYA DISCAS 音楽配信」を開始した。

「TSUTAYA DISCAS 音楽配信」では、約100万曲を提供し、購入価格は楽曲により異なるものの、最安価格は1曲99円(税込)、平均価格帯は150円~200円となる。

配信される楽曲のファイル形式はWMA(Windows Media Audio)、コピー防止技術はWindows Media DRM10を採用し、ビットレートは128kbpsが中心となっている。このため、購入に用いたPCはもちろん、NTTドコモの携帯電話(FOMA902iシリーズ以降)や東芝のギガピートなど、WMA及びWindows Media DRM対応した携帯機器などへ転送して利用することができる。

また、Windows Media Centerを経由してXbox360上から利用することも可能である。なお、Xbox公式サイトのQ&A情報では「Xbox360はWindows Media DRM9まで対応」となっているが、Xbox360本体を最新状態にした場合はWindows Media DRM10にも対応している(2006年秋のアップデート以降で対応)。このため、初期型のXbox360本体では、Xbox Liveに接続し、ダッシュボードを最新状態にアップデートする必要がある。

なお、WMAに対応しないAppleのiPodや、WMAに対応するもののDRMに対応しないソニーのウォークマンなどでは利用することが出来ないので注意が必要である。

同分野では、世界的に先行する「iTunes Store」が日本において約100万曲で平均価格帯150円~200円、128kbspが中心という極めて類似するサービスを提供しており、差別化のため一部99円という価格を導入したものとみられる。また、その他にもKDDIがauの携帯電話向けに提供するLISMOが420円でビットレート48kbps中心というサービスを提供しており、NTTドコモの携帯電話への対応や99円~200円という価格、ビットレート128kbps中心という形態を採用したものとみられる。

http://www.discas.net/netdvd/topMdl.do
http://www.usen.com/admin/corp/news/pdf/2008/080730.pdf

2008年7月29日火曜日

XBOX360、品薄状態が続く

全国各地においてXBOX360が品薄状態となっている。

この品薄状態は、以前お伝えした新型60GBモデルの発売を8月初旬に控え、現行20GBモデルの製造が終了したことが原因と考えられている。あわせて、スクエアエニックスによるテレビCM「次世代RPG」の効果により、販売台数が倍増したことも影響しているとみられる。

XBOX360の輸入・一次卸を行っている株式会社バンダイナムコホールディングス傘下のハピネット社に問い合わせたところ、新モデルへの移行に伴い世界規模で品薄状態となっており、次回入荷は8月初旬から中旬ごろの見込み、8月7日に発売を予定しているテイルズ・オブ・ヴェスペリアの発売以降になる可能性が高い、との回答が得られた。

XBOX360、新型60GBモデル発表、20GBモデルは処分価格に値下げ

2008年7月28日月曜日

カプコン、スーパーストリートファイター2ターボHDリミックスβ拡張版を公開

本日、カプコンはXbox Liveにて提供中のスーパーストリートファイター2ターボHDリミックスβの拡張版を公開、またβテストの期間を9月5日まで延期すると発表した。

スーパーストリートファイター2ターボHDリミックスβでは、Xbox Liveにてリュウとケンを使用しての対戦を行うことができ、今回の拡張版では13のバグが修正されている。

http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=202375

関連
戦場の狼3(Super Street Fighter II Turbo HD Remix ベータテスト参加権付き)、日本では配信されず

「Marvel vs. Capcom」新作開発中か?

人気格闘ゲーム「Marvel vs. Capcom」の新作が開発されているのではないかと海外サイトを中心に話題になっている。

この話題は、IGNがマーベル・プロダクションズのケビン・フェイジ氏に同様の質問をした際に、曖昧に答え、一切否定するコメントをしなかったことが発端となっている。

なお、この件に関しカプコンは「ノーコメント」としている。

http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=202419

Gears of War 2、前作GoWの実績でコンテンツ解除

Gears of War 2において、Gears of War 1の実績により解除されるコンテンツが含まれることが明らかになった。

現在判明しているコンテンツ及び解除条件は以下のとおり
  • Act.1をクリアしている場合
    「Anthony Carmine」(GoW1開始直後に死亡するカーマインの兄弟)を解除。
  • 10個のCOGタグを見つけている場合
    「Minh Young Kim」(GoW1に出てくる軍曹)を解除。
  • ラーム将軍を倒している(GoW1をクリアした)場合
    「古代の小型恐竜」を解除。


Gears of War 2は2008年2月に開催されたGame Developers Conference 2008で発表された超人気サード・パーソン・シューティングゲームの続編。2008年11月の発売をめざし開発が進められている。

前作「Gears of War」は完全新作タイトルにも関わらず、北米では発売2週間で100万本を突破、欧州においては発売1週間で100万本を突破するなどし、世界累計で500万本以上を売り上げた超人気サード・パーソン・シューティングゲーム。当初はグラフィックのみに話題が集中したが、発売後は驚くほどシンプルな操作性かつ頭脳的で緊張感のある戦闘シーンなどが評価され、一躍Xbox360を代表するタイトルとなった。

http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=202401

2008年7月27日日曜日

マイクロソフト、統合3Dソフト「trueSpace 7.6」無償提供へ

米国時間23日、マイクロソフトは統合3Dソフト「trueSpace 7.6」の無償提供を開始した。

最新バージョンの7.6では、マイクロソフトが提供する地図検索サービス「Virtual Earth」へ、3Dモデルを直接書き出す機能が追加されている。Googleが「Google Earth」向けに3D CADソフト会社である@Last Software社を買収し、3Dモデリングソフト「Google SketchUp」を無償公開したことに対抗する目的と思われる。

trueSpaceは、モデリング、アニメーション、レンダリングと、放送およびポストプロダクション分野までカバーする統合3Dソフトウェア。trueSpaceは、モデリング特化型のSketchUpとは違い、3ds MaxやLightWave 3Dなどと競合する製品を無償化したものであり、機能が豊富な分、操作性はやや難しいものとなっている。開発はマイクロソフトが2008年2月に買収した米Caligari社が行う。

この無償化は「Virtual Earth」の普及を主目的としているようだが、標準でDirectX9及びXNA Frameworkにおける3Dデータの標準形式である「Xファイル」での出力に対応しており、trueSpaceで作成したモデルデータ及びアニメーションデータはXNA Game Studioなどから直接利用することが可能である。また、ポストプロダクション向けということもあり、非常に高品質なプリレンダリング動画の出力なども可能である。

XNA Game Studioで作成されたXbox360用の同人ソフト販売サービスも発表されていたが、同人分野では1本数十万円という価格帯が一般的な統合3Dソフトの導入が難点であった。このtrueSpaceの無償提供で、XNA関連分野の一層の活性化が期待される。

■3D Modeling Software - trueSpace
http://www.caligari.com/

■関連
Xbox360用の同人ソフト販売サービス概要を発表
エンターブレイン、RPGツクール最新作はXBOX360に対応
3Dアクションゲーム「Robot Game」をソースコード付きで無償配布

2008年7月26日土曜日

「Geometry Wars: Retro Evolved 2」 来週配信

「Geometry Wars: Retro Evolved 2」が日本時間7月30日(水)に800マイクロソフトポイントで配信されることがわかった。当初は8月初旬の配信を予定していたが配信が早まることとなった。

「Geometry Wars」は、初代Xbox用ソフト「Project Gotham Racing 2」のオマケゲームとして収録されていた全方位シューティングゲーム。その後Xbox360用タイトルとして、Retroバージョン及びXbox360で進化したEvolvedバージョンの2つを収録した「Geometry Wars: Retro Evolved」が単体発売されていた。花火の様な過激なエフェクトと重低音の効いたBGMで覚醒状態に陥る極めて中毒性の高いゲームとして人気を博している。

最新作「Geometry Wars: Retro Evolved 2」では、新エフェクトや新BGMに加え、新たに最大4人による協力プレイや対戦プレイなどの新要素が追加されている。

開発は初代Geometry Warsから変更はなくBizarre Creationsが行う。ただし発売元はBizarre社が売却された関係で、MicrosoftからActivisionへと変更になっている。

http://www.eurogamer.net/tv_video.php?playlist_id=12597

2008年7月25日金曜日

日本における「XNA Game Studio」採用教育機関を発表

25日、マイクロソフトは、同社が無償で提供している「XNA Game Studio」を採用した日本国内の教育機関を発表した。

現在、「XNA Game Studio」は世界中で700校以上の教育機関に採用されており、教育の現場では「XNA Game Studio」によるプログラム教育としての採用、ゲーム制作を通した未来のクリエーター育成のためのカリキュラム、研究目的での利用などで活用されている。
25日現在の、日本における採用教育機関は以下のとおり
  • 東京大学 大学院情報学環
  • 東京工芸大学 ゲームコース
  • コンピュータ総合学園 HAL
  • 大阪情報専門学校
  • 学校法人ソニー学園 湘北短期大学
  • 学校法人 河合塾学園 トライデント コンピュータ専門学校
  • 学校法人 河合塾学園 トライデント コンピュータ専門学校 大阪
  • 名古屋情報メディア専門学校
  • 新潟コンピュータ専門学校
  • 新潟情報専門学校
  • 広島情報専門学校
  • 北海道情報専門学校
  • 北海道情報大学
  • KCS大分情報専門学校
  • KCS鹿児島情報専門学校
  • KCS北九州情報専門学校
  • KCS福岡情報専門学校
  • 大阪コミュニケーションアート専門学校
  • 東京コミュニケーションアート専門学校
  • 名古屋コミュニケーションアート専門学校
  • 福岡コミュニケーションアート専門学校
  • 総合電子専門学校


http://msdn.microsoft.com/ja-jp/xna/cc742006.aspx

「マイクロソフト XNA ゲームクリエーター コンテスト 2008」を開催

25日、マイクロソフトは、同社が無償で提供している「XNA Game Studio」で制作されたゲーム作品のコンテスト「マイクロソフト XNA ゲームクリエーター コンテスト 2008」を開催すると発表した。

このコンテストは、日本国内における全てゲームクリエーター(年齢、職業、プロ・アマ不問)を対象としている。応募期間は2008年8月4日~9月9日。

一般と学生の応募者を分けて入賞作品を選出し、最優秀賞(賞金50万円)、優秀賞(賞金30万円) などが贈られる。

また、2008年10月に予定している授賞式では、受賞作品をプレイすることができる体験会を開催、「本コンテストを通してクリエーターとプレイヤーのコミュニケーションの機会創出を行っていきたい」としている。

http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20080725.htm

2008年7月24日木曜日

「ユーザーの作るXNAゲーム企画投票!」を開催

マイクロソフトは、Xbox360公式フォーラムにて、ユーザーの企画したゲームをXNA Game Studioで制作すると発表した。

今回は、大手Xboxファンサイトに寄せられている企画を元に、Xbox公式サイトで一般投票を行う。

http://xbox.spaces.live.com/blog/cns!378FEC038C02D52C!9101.entry
http://forums.xbox.com/21656377/ShowPost.aspx

2008年7月23日水曜日

Xbox360用の同人ソフト販売サービス概要を発表

米国時間22日、マイクロソフトは「Xbox LIVE Community Games」を北米で今年後半から開始すると発表した。その他の地域については2009年から逐次開始する予定。

Xbox LIVE Community Gamesは、XNA Game Studioで開発されたXbox360用ソフトをXbox Liveを通じ一般利用者へ販売することを可能とするサービス。

Xbox LIVE Community Gamesでの販売は、XNA開発者コミュニティ「XNA Creators Club」の有料会員(年額9,800円)であれば誰でも行うことが可能となる。

販売価格については200~800マイクロソフトポイントの間で自由に設定することができ、手数料として売上の30%が引かれることとなる。

XNA Game Studioは、マイクロソフトが無償で公開しているVisual Studioをベースとしたゲーム特化型の統合開発環境。.NET Framework及びDirectXをベースとしたライブラリ「XNA Framework」を使用し、基本的には設定ひとつでXbox360及びWindowsへの両対応が可能となる。

XNAについては、RPGツクールが次期バージョンでの対応を表明しており、日本での普及にも期待がかかる。また、教育機関による学習教材としての採用も増加しており、月刊ベーシックマガジンの休刊以降問題視されていた日本人ゲーム開発者の急激な減少に歯止めをかける期待も持たれている。

http://creators.xna.com/en-us/news/communitygameslaunch

関連
エンターブレイン、RPGツクール最新作はXBOX360に対応
3Dアクションゲーム「Robot Game」をソースコード付きで無償配布

2008年7月21日月曜日

Amazon.co.jp、XBOX360用FF13の日本語版を熱望する署名活動を開始

ネット通販最大手のAmazon.co.jpは、XBOX360用ファイナルファンタジー13の日本語版を熱望する署名活動を開始した。

ファイナルファンタジー13は、先日開催されたE3の際に、北米及び欧州限定でXBOX360用を発売すると発表されていた。

Amazon.co.jpのファイナルファンタジー13特設ページでは「日本語版の発売は予定されておりません。日本版発売希望者登録用です」と前置きしたうえで、「ほしい物リスト」及び「レビュー」の2機能のみが行える状態となっており、本当にXBOX360用ファイナルファンタジー13の発売が決定した場合、「ほしい物リスト」に追加している方々へ予約開始の速報メールを送信するとしている。

なお、このXBOX360用ファイナルファンタジー13の日本語版を熱望する特設ページは、不正な署名を排除するためか、現在は携帯電話からのアクセスのみが可能な状態となっている。

http://www.amazon.co.jp/dp/B001CNQTHC/

関連
ファイナルファンタジー13インターナショナル版、XBOX360で発売

2008年7月18日金曜日

バンダイ・ナムコ・ゲームズ、「ナムコ ミュージアム: アーケードヒッツ」を発表

バンダイナムコゲームスは、「Namco Museum: Arcade Hits」を今秋にXbox Live!で配信すると発表した。

「Namco Museum: Arcade Hits」は、これまで同社がXbox Live!で配信したゼビウスやパックマン・チャンピオンシップエディション、ミスタードリラー・オンラインなどを全て収録。

加えて、ローリングサンダーやディグダグ、ポールポジション、ギャラガ'88、ギャラクシアンといった過去の名作20タイトル以上のリメイクバージョンやオリジナルバージョンも収録。

現在判明している限りの収録作品は以下のとおり。


http://www.namcobandaigames.com/news/press/press/301/page/1

2008年7月16日水曜日

XBOX360をカラオケ化する「Lips」、正式発表

イニス及びマイクロソフトは、XBOX360をカラオケ化するソフト「Lips」を正式に発表した。

Lipsは、モーションセンサーを搭載したワイヤレスマイクを使用し、ZuneやiPod、CDなど、手持ちの音楽を取り込みカラオケ化することが可能となっている。

なお、詳細は未定だが、プレスリリースによると、「機能性は楽曲により異なります」とのことであり、マイクロソフトのオンライン楽曲販売サービス「Zune Marketplace」で購入した楽曲については、ボーカルパートと演奏部分が分離可能な状態、歌詞データを含むなど、何らかの最適化が施されたものになると思われる。

■関連
iNiS、XBOX360をカラオケにする「Lips」を開発中、本格的なマイク画像を公開

2008年7月15日火曜日

バンダイナムコ、ギャラガ最新作「Galaga Legions」発表


15日、バンダイナムコ及びマイクロソフトは共同で記者会見を行い「Galaga Legions」を発表した。

「Galaga Legions」は、ナムコが1981年に発売した「ギャラガ」シリーズの最新作。1987年に発売された続編「ギャラガ'88」から実に21年の時を経て、最新技術でよみがえることとなった。

「Galaga Legions」は、Xbox Live!アーケードでの配信を予定している。

バイオハザード5、XBOX360版は2009年3月12日に発売

マイクロソフト及びカプコンはE3の会場において共同で記者会見を行い、バイオハザード5のXBOX360を、日本において2009年3月12日、欧米おいては2009年3月13日すると発表した。

また、この発表と同時に、バイオハザード5におけるオンライン協力プレイのデモを行った。

ファイナルファンタジー13インターナショナル版、XBOX360で発売

マイクロソフトとスクウェアエニックスは共同で、ファイナルファンタジー13インターナショナル版をXBOX360で発売すると衝撃の発表を行った。

スクウェアエニックスの和田社長は、E3におけるマイクロソフト記者会見の最後にサプライズゲストとして登場し、インフィニットアンディスカバリーやスターオーシャン4などの発表済みタイトルの紹介を行った後、ファイナルファンタジー13を北米及び欧州の市場で同タイトルを広く楽しんでもらうためにはXBOX360で発売する必要があり、発売する計画があると語った。なお、スクウェアエニックスの和田社長によると、あくまで北米及び欧州のみの発売であり、日本での発売は今のところ考えていないとのことである。

ファイナルファンタジー13はPS3での独占発売予定となっていた累計7000万本以上を販売する日本を代表する人気RPGタイトル。

E3、まもなく開催

本日、ゲームの祭典「E3 Media & Business Summit 2008」がロサンゼルスコンベンションセンターで開催される。

昨年より招待制となっており、一般入場はできないため、東京ゲームショウほどの盛り上がりは期待できないが、マイクロソフト、任天堂、ソニーの各社が記者会見を予定しており、各社それぞれ市場動向に重大な影響を与える発表を行うものと予想されている。

日本時間によるスケジュール表は以下のとおり。

  • 15日(火曜日)
    • 02:30 - マイクロソフト記者会見
    • 04:30 - スクウェアエニックス記者会見
    • 05:00 - Shane S. Kim (MGS社長、MS副社長) ラウンドテーブル
    • 07:00 - エレクトロニックアーツ記者会見
    • 11:00 - Gears of War 2 レセプション
  • 16日(水曜日)
    • 01:00 - 任天堂記者会見
    • 03:30 - SCE記者会見
    • 06:30 - Ubiソフト記者会見
    • 08:30 - カプコン記者会見
  • 17日(木曜日)
    • 01:15 - ペリー知事(テキサス州)によるE3基調講演
    • 02:00 - SCEラウンドテーブル
    • 02:45 - TakeTwo記者会見
    • 05:00 - 業界 基調講演
    • 06:30 - コナミ記者会見

以上のように、E3の開催時間は、日本では深夜帯となるため、実況をみる予定の方は注意が必要である。また、XBOX360に関する発表は、マイクロソフト記者会見が行われる本日15日に集中するものと思われる。

■公式サイト
http://www.e3summit08.com/
http://www.e3expo.com/

■ライブ中継を行うサイト
http://www.g4tv.com/e32008/
http://www.ign.com/index/e3/2008/
http://e3.gamespot.com/live.html

また、XBOX360に関する情報は、XBOX Live!と連動し、逐次配信される予定である。昨年の例にならうと、新作タイトルの発表直後に予告動画や体験版等の配信が行われる可能性も高い。

日本マイクロソフト、E3 2008特設サイトを公開、昨年同様に大爆笑動画配信を予告

2008年7月14日月曜日

日本マイクロソフト、E3 2008特設サイトを公開、昨年同様に大爆笑動画配信を予告

本日、日本マイクロソフトは、2008年7月15日から17日にかけて開催される「E3 2008」の特設サイトを公開した。

特設サイトでは、XBOX360関連の事前情報の公開や、各種発表にあわせ逐次情報の更新などをしていくとしている。

また、昨年の同サイトにおいて大好評であった、E3会場近くの牛丼の「吉野家」の米国店の実況や、新作ゲーム発表そっちのけで来場しているイケメンを撮り続けた実況など、今年も日本マイクロソフトのスタッフによる傍若無人な各種動画配信を行うとしている。なお、実況動画の配信は、昨年と同様、XBOX Live!及び同社の動画共有サイト「soapbox」を用いるものと思われる。

http://www.xbox.com/ja-JP/event/E32008/


Video: E3 レポート映像 ~サンタモニカ周辺~

XBOX360、新型60GBモデル発表、20GBモデルは処分価格に値下げ

マイクロソフトは、北米において8月から、XBOX360本体通常版の標準搭載HDDを20GBから60GBに変更し、価格据置349ドルで販売することを発表した。また、現行の20GBモデルについては、50ドルの値引きを行い、在庫限りで販売を継続する。

新たなXBOX360本体ラインナップは以下の通り
製品名付属ストレージ価格
アーケード256MBメモリカード279ドル
プロ(20GB)在庫限り20GB HDD299ドル
プロ(60GB)60GB HDD349ドル
エリート120GB HDD449ドル


今回のモデルチェンジは、単純な販売拡大戦略のほかにも、20GBという低容量HDDの調達が難しくなったことも理由の一つと考えられ、北米だけではなく、近日中に世界各国へと波及するものと思われる。

また、GPUやメモリ等の微細化をすすめ、低消費電力化を計った新設計モデル「Jaspar」の出荷開始が8月からではないかと予測されており、今回の60GBモデルからの採用が期待されている。なお、現在販売されている製品は、昨年より「Falcon」というCPUのみが微細化されたものとなっている。

http://www.xbox.com/en-US/community/news/2008/0713-consolestorage.htm

関連
XBOX360、通常版のHDDが60GBに増量か、大幅値下げも確実視

2008年7月12日土曜日

iNiS、XBOX360をカラオケにする「Lips」を開発中、本格的なマイク画像を公開


株式会社イニスが、日本市場向けに、XBOX360をカラオケ化するソフトとマイクのセット「Lips」を、2008年11月の発売を目指し開発中であることが明らかになった。

Lipsは、純粋なカラオケ以外にも、同社がNitendo DSで発売している「Elite Beat Agents」をベースとしたゲームとしての側面も持ち合わせるという。ただし、同社の看板作品「押忍!闘え!応援団」を彷彿とさせるデザインとなるかは不明である。

Lipsで使用する専用マイクは、無線を用い業務用マイクに近い本格的なものとなる見込みであり、2本のマイクを用いてデュエットなども可能となる見込み。

詳細についてはE3 2008の会場で発表になる予定である。







http://www.gamekyo.com/news28237_lips-first-pics-of-the-new-karaoke-game.html

2008年7月10日木曜日

XBOX360、通常版のHDDが60GBに増量か、大幅値下げも確実視

マイクロソフトが来週開催予定の記者会見の際に、HDD容量60GBのXBOX360を発表するとの憶測が広がっている。

この情報は、大手ゲームサイト1UP.comが報じたものであり、既にGameStopやBlockbusterといった小売業者宛には通知されているという。

この60GBモデルは通常版となる予定であり、現行の通常版である20GBモデルは生産終了となる見込みであると報じられている。

また、60GBのHDDは100ドルで単体販売される予定であり、併せて120GBのHDDも179ドルから149ドルへ価格改訂が行われる見込み。

この件に関して、マイクロソフトの広報担当者からは「コメントできない」とのしながらも、「凄くおもしろく過激なニュースを大量に用意しているのは確かです」としている。

http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=174060

また、北米において、7月13日から通常版の本体価格を349ドルから299ドルへと改訂するのではないかとの情報もでている。こちらの情報については、KMartやBest Buyなど、複数の小売店関係者からのリーク情報であり、また小売大手のGameStopから流出したという写真も出てくるなど、ほぼ確実視されている。

http://kotaku.com/5022926/gamestops-leaked-xbox-360-price-drop-info

2008年7月9日水曜日

カプコン最新作「1942: Joint Strike」、7月23日に配信決定

カプコンがXBOX360/PS3でオンライン販売を予定している「1942: Joint Strike」のXBOX360版が7月23日に配信されることがわかった。

「1942: Joint Strike」は、カプコンが発売する架空の第二次世界大戦を舞台とした縦スクロール・シューティングゲーム「194X」シリーズの最新作。グラフィックやサウンドなどは最新技術で刷新されているが、基本的なゲームシステムは過去のシリーズを継承しており、同シリーズではおなじみの「宙返り」による回避行動などもそのままである。

また、新たにオンライン協力プレイを搭載し、「Joint Strike Attacks」と呼ばれる非常に強力な2人協力攻撃を搭載、併せて「Joint Strike Attacks」を前提としたマルチプレイ専用ステージが多数用意されている。

本作の開発は「ボンバーマンLive!」などを手がけたバックボーン・エンターテイメント社が担当、音楽に関しては「メタルギア・ソリッド」シリーズのテーマソングなどの楽曲を手がけたことで有名な日比野則彦氏が担当している。

なお、同タイトルのPS3版は翌7月24日に配信される予定である。

Lionhead Studios,Fable 2 予約特典を発表

Lionhead Studiosは、2008年8月に発売を予定している「Fable 2」における全世界共通の予約特典を発表した。

この予約特典は、「Pub Games」というカジノ風ミニゲーム集で、Fable 2のゲーム内で使用する通貨を用いて遊ぶことができる。収録されるカジノ風ミニゲームは以下の3種類となる。

 ・Keystone
  クラップスとルーレットを組み合わせたゲーム

 ・Spinnerbox
  スロットマシーン(機種はXbox Live!経由で更新されます)

 ・Fortune's Tower
  完全に運任せのゲーム

なお、「Pub Games」は、予約特典として付属するほかに、800MSポイントでのダウンロード販売も行われ、予約していない場合でも別途購入することにより遊ぶことが可能である。

Fable 2は、ポピュラスやテーマパーク、ダンジョンキーパーなどの「ゴッドゲーム(「神の視点」の意)」と呼ばれる奇抜なゲームを作り出したピーター・モリニュー氏が率いるライオンヘッドスタジオの最新作、2008年8月の発売を予定している。

2008年7月8日火曜日

ゼビウスのバキュラ、撃破不能なことが判明

ゼビウスにおいて画面上部から回転しながら降下してくる板状の敵「バキュラ」が撃破不能なことが、ゼビウスの開発者である遠藤雅伸氏によって明らかにされた。

「バキュラ」については、「256発の弾を当てると破壊できる」などの噂がささやかれていたが、遠藤氏はゼビウスのプログラム構造も交え、オーバーフローによる強制撃破なども不可能であることを発表した。

ゼビウスは、1983年2月にアーケード用ゲームとして登場、自機ソル・バルウを操り、対空用兵器のザッパーと、地上攻撃用のブラスターを活用し、ゼビウス軍を撃破する縦スクロール・シューティングゲーム。

自機の攻撃に反応し行動が変化するAIを用いた敵や、圧倒的な大きさを誇る敵、黒背景が標準であったシューティングゲームにおいて影方向まで統一されたカラフルな背景を採用するなど、圧倒的な立体感・臨場感を演出することに成功している。その完成度の高さは、「シューティングゲームの完成系」などと語られている。

ゼビウスは、Xbox Live アーケードにて400マイクロソフトポイントで購入することができる。

http://ameblo.jp/evezoo/entry-10105919686.html

http://www.xbox.com/ja-JP/games/x/xeviousxboxlivearcade/

2008年7月4日金曜日

XBOX360値下げ、Wiiを下回る価格で、現行ゲーム機で最安に

マイクロソフトは、本日よりオーストラリア及びニュージーランドにおけるXBOX360本体の価格を、もっとも安いモデルで349豪ドル(= 3.56515778 万円)に値下げすると発表した。

価格については以下の通り変更されている。

 Xbox 360 アーケード (256MBメモリユニット)
 399豪ドル → 349豪ドル

 Xbox 360 プロ (20GBハードディスク、日本における通常版)
 579豪ドル → 499豪ドル

 Xbox 360 エリート (120GBハードディスク)
 729豪ドル649豪ドル

なお、Xbox360アーケードについては、オーストラリアにおけるWiiの販売価格400豪ドルを下回ることになり、最も安い現行ゲーム機となる。

業界に詳しいアナリストは今回のXBOX360の値下げについて、「ハードの需要が失速する中で当然の動きだと思います。一般社会では原油価格や小麦価格の高騰による景気悪化の影響の方が大きく、このXBOX360の値下げは、娯楽需要が縮小し市場に与えるえ影響は少ないか、もしくは物価高騰の中で割安感を出せるか微妙である。」としている。

また、「任天堂がマイクロソフトに追随し、Wiiを値下げすることはないでしょう。Wiiの出荷数はホリデーシーズンに向け増加傾向にある。」としている。

今回の値下げは、7月15日より開催されるE3を軸に、世界的に行われるものと思われる見方が強い。

http://xbox360.ign.com/articles/885/885458p1.html
http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=19248

YouTubeが勝手に選ぶ関連動画

 

Gamer Book