2008年7月27日日曜日

マイクロソフト、統合3Dソフト「trueSpace 7.6」無償提供へ

米国時間23日、マイクロソフトは統合3Dソフト「trueSpace 7.6」の無償提供を開始した。

最新バージョンの7.6では、マイクロソフトが提供する地図検索サービス「Virtual Earth」へ、3Dモデルを直接書き出す機能が追加されている。Googleが「Google Earth」向けに3D CADソフト会社である@Last Software社を買収し、3Dモデリングソフト「Google SketchUp」を無償公開したことに対抗する目的と思われる。

trueSpaceは、モデリング、アニメーション、レンダリングと、放送およびポストプロダクション分野までカバーする統合3Dソフトウェア。trueSpaceは、モデリング特化型のSketchUpとは違い、3ds MaxやLightWave 3Dなどと競合する製品を無償化したものであり、機能が豊富な分、操作性はやや難しいものとなっている。開発はマイクロソフトが2008年2月に買収した米Caligari社が行う。

この無償化は「Virtual Earth」の普及を主目的としているようだが、標準でDirectX9及びXNA Frameworkにおける3Dデータの標準形式である「Xファイル」での出力に対応しており、trueSpaceで作成したモデルデータ及びアニメーションデータはXNA Game Studioなどから直接利用することが可能である。また、ポストプロダクション向けということもあり、非常に高品質なプリレンダリング動画の出力なども可能である。

XNA Game Studioで作成されたXbox360用の同人ソフト販売サービスも発表されていたが、同人分野では1本数十万円という価格帯が一般的な統合3Dソフトの導入が難点であった。このtrueSpaceの無償提供で、XNA関連分野の一層の活性化が期待される。

■3D Modeling Software - trueSpace
http://www.caligari.com/

■関連
Xbox360用の同人ソフト販売サービス概要を発表
エンターブレイン、RPGツクール最新作はXBOX360に対応
3Dアクションゲーム「Robot Game」をソースコード付きで無償配布

YouTubeが勝手に選ぶ関連動画

 

Gamer Book