2008年8月21日木曜日

「Mortal Kombat vs. DC Universe」に「ワンダーウーマン」が参戦

21日、ミッドウェイ・ゲームズは「Mortal Kombat vs. DC Universe」に「ワンダーウーマン」が参戦することを発表した。

ワンダーウーマンは、不老長寿の島の王女「ダイアナ」がナチスと戦う物語。母から譲り受けたゴールドベルトを身につけることにより超人的な力を発揮することができる。北米では1976年からテレビ放映され、今でも根強い人気を誇っている。日本でも1977年からフジテレビ系列で放映されていた。

「Mortal Kombat vs. DC Universe」は、Mortal Kombatの世界でスコーピオンやサブゼロといった人気キャラクタを相手に、バットマンやスーパーマンといったDCコミックの人気キャラクタが挑戦を挑む格闘ゲーム。2008年11月10日の発売を予定している。開発にはUnreal Engine 3を用いている。

DCコミックは北米の2大マンガ出版社。バットマン最新作「ダークナイト」が「スパイダーマン3」の歴代オープニングを越え初登場1位を記録するなど各種記録を更新、異例の大ヒットとなっており、この「Mortal Kombat vs. DC Universe」にも追い風になりそうだ。なお、ダークナイトでバットマンと対峙する悪役「ジョーカー」についても本作に参戦する見込みである。

YouTubeが勝手に選ぶ関連動画

 

Gamer Book